媚薬オススメランキング|女性を落とすならコレ!

オススメ媚薬

ナンバーワン

 

媚薬オススメランキング|女性を落とすならコレ!

 

たった一滴だけでも効果が表れる人気の媚薬。
モニター調査でも、95%以上の確率でその日のうちに性行為まで発展!
女性が、普段抑え込んでいる理性や性本能をむき出しにしてしまいます!

 

今なら限定特別価格で購入できます

ボタン画像

 

 

好きな異性をメロメロにしたい。
もし、そんな相手がいるのなら、媚薬はとても魅力的な存在に映るのではないでしょうか?
簡単にいうと媚薬は性欲をアップさせ、深い関係になりやすくしたもの。
こちらを振り向かせ、自分のものにしてみた!
そんな相手に使ってみたいですね。

 

媚薬には塗るタイプもあれば散布するタイプもあります。
共通しているにはエッチな気持ちにさせて、自分への好意をアップさせる効果が隠されている点です。

 

媚薬の効果や定義について

 

媚薬の定義は難しいですが、女性が服用することで、性的興奮を高め、目の前の異性をより魅力的に見せる……
これが一般的な定義や効果ではないでしょうか?

 

媚薬と一口にいっても薬の一種ですから、効果は個人差があります。
服用してから何分後に効果が身体に現れるのか……
効果は身体の火照りだけか、吐息も熱くなるのか、目の前の異性を激しく求めるようになるのか……
媚薬の効果は服用してからでないと、正確には分からない部分もあります。

 

効果が実感できれば、相手の女性は性的に興奮しているので、膣内の濡れも激しくなり、普段より濃厚なエッチを楽しむことができるでしょう。
身体が理性では我慢できなくなってしまうのです。

 

身体が男性を求めている状態を作り出すのが媚薬の効果です。
この状態で膣内にペニスを挿入されると、男性が少し動いただけで、女性は普段以上の激しい反応を示してくれるでしょう。

 

普段とは違ったセックスを楽しみたいカップルに、媚薬は劇的な変化を与えてくれるのかもしれません。

 

媚薬に含まれる有効成分

基本的な媚薬の成分としては、ガラナ、コラナット、マカ、トンカットアリなどの植物から抽出したもので現在の媚薬の多くは作られています。
媚薬の成分は基本的に刺激物質で、人気の媚薬はこれらの成分が使われているので高い効果が得られます。

 

ガラナ

媚薬の一種であるガナラは神経を過敏にして、集中力を高める効果があります。
身体の細胞を活性化する効果もあり、エッチの反応をより楽しいものに出来るでしょう。

 

女性が服用すると、火照りから汗が出て、身体がうっすらと色気を感じさせます。
もちろん、反応も激しくなるので局部も敏感になっていくでしょう。
普段は感じない耳元や背中などの神経も過敏になっているので、男性の愛撫をより楽しいものに感じられることでしょう。

 

ガナラはアマゾン川流域が原産地です。
中にはカフェインやタンニンなどの健康成分が豊富に含まれています。
アマゾンに暮らしていたインディオは、長旅の疲れに備え、ガナラを使っていたようです。
ガナラを使うことで、食欲を抑え、眠気を堪える効果を実践していたのでしょう。

 

ガラナは媚薬として使われていますが、チョコレートや疲労回復薬としても日常生活で見かけることがあります。
ガナラ配合のチョコレートや炭酸飲料、ガム、タブレットなど種類も豊富に販売されています。
これはガナラに含まれている疲労回復や集中力アップの効果が見直されてきたからでしょう。

 

コラナット

コラナットは中枢神経を興奮させる作用があります。
西アフリカでは興奮剤として使われ、媚薬として配合されるようになりました。
コラナットの成分はアフリカ西部に分布する常緑樹です。
有効成分としてカフェインやコラニン、テオブロミンなどが含まれています。
これらは媚薬として高い効果を与えてくれます。

 

トンカットアリ

古くから媚薬や滋養剤として使われてきたトンカットアリ。
身体のエネルギーが増大し、スタミナがつくことで男性機能をより高め、女性を満足させる身体作りをサポートする効果があります。

 

トンカットアリはインポテンツの改善も見直されますが、副作用の心配もあるので医師とよく相談するようにしましょう。
副作用として怒りっぽくなったり、短気になる症状が気になります。
これはトンカットアリの持つ興奮作用が強すぎるからです。

 

トンカットアリはマレーシアやタイ、インドネシアといった東南アジアのジャングルに多く茂っている木に含まれています。
成分は木の根っこから多く抽出され、濃縮されています。
根っこはかなり大きく頑丈なので、1つ取り出すのに4時間は必要でしょう。

 

マカ

男性の勃起障害や女性の不妊症や不感症の改善に効果を発揮するマカ。
ホルモンバランスを強制的に改善させるので、副作用に注意が必要な成分です。
しかし、正しく使えば媚薬として素晴らしい効果を実感できるでしょう。

 

原産地は南米のペルーで、標高4,000メートルもの高地という厳しい環境でマカは育ちます。
アブラナ科の植物で、見た目は人参や大根のような根菜類に似ています。

 

栄養豊富な土地で育てても、マカを育てた後は土の栄養分をほとんど吸い上げてしまうため、その後数年は不毛な環境になります。
その事例で分かるように、マカにはとても強い刺激物や栄養価が含まれています。
精力剤や媚薬としてかなり効果が期待できる成分と言えるでしょう。

 

媚薬の歴史について

媚薬の歴史は古く人類はギリシャ神話の時代から媚薬の効果を利用してきました。
インドや中国の媚薬は世界的に有名で、媚薬の効果を詳しく書いたのが『カーマスートラ』という世界で最も古い性愛本。

 

『カーマスートラ』には異性を魅了する方法やペニスの勃起率症状など性に関する様々な知識を得ることができたようです。
もちろん、媚薬についても細かく書かれているバイブル的存在です。

 

『カーマスートラ』から分かるように、人類の歴史は媚薬とともにありました。
媚薬にはたまねぎなど身体を刺激し、興奮させる効果がある食材を利用しています。
現在では台所にある普通の食材が薬や媚薬の原料として考えられていた時代だったのです。

 

昔の人にとって、食材のもつ興奮物質はとても貴重な存在。
食べ物というより、栄養価が高いものは薬や刺激物として考えられていたようです。
それが媚薬の発展に繋がったのかもしれませんね。

 

そんな媚薬は中国で生まれ、日本に伝わってきました。
イモリの黒焼きなど動物を使った媚薬もありますが、山薬と呼ばれる植物由来の媚薬も多く歴史の裏で活躍してきました。

 

その一方で、古代エジプトでは神聖とされているワニを媚薬として食していたようです。違う地域では鳩やすずめを精力剤の1つとして考えていたようです。
媚薬に何を使うかは、国によって異なり、どの時代の国も媚薬を積極的に開発した痕跡が今も残っています。