「諦めるは、帝が言うと書きます」って値段八師範が言ってたんだ

見切るな、諦めちゃいけない、諦めなかった人物が最後に勝つ、諦めたらそこでレース終息だ。 将来で何ごと、お客は諦めるな、といわれるのだろうか。 将来に対して、それだけ捨てることが悪いことなのだろうか。 思い出してみてほしい。様は将来でどれだけのことを諦めてきただろうか。 真奈美ちゃんへの恋、ほしかったライダーベルト、行きたかったハイスクール、決勝戦で負けた甲子園へのチケット。 諦めたから、次回への足つきが開けたのではないだろうか。自分の力では、どうすることもできないことなど山ほどある。 不細工に生まれてしまったら、歌手になることは諦めた方がいいし、プリティーだねってほめられることは直ちに諦めて違う進路を探したほうが、すこぶる有意義な将来が遅れるに違いない。つまり、切り捨てる事象、すなわち執着しないに関して。 捨てるは帝しか出来ないのだから、民衆の身は、「切り捨てる」ではなく「執着しない」としてある。 失敗しても気にしない。うまくいかなくても気にしない。うまくいっても気にしない。結果に振り回されない事象。結果はたまに自力を不自由にする。結果に執着しない結果、まぁいいか、仕方がないか、って簡単に次の足つきにすすむことができる。とれることにも出来ないことにも執着しない。執着しないからこそ、出来ない結果己苦手になルことが消え失せるし、できることに固執して真新しい好機を不意にしなくなる。 こういうレースは、急きょ終了して、次のレースをはじめよう。 将来は総分戦です。塗るだけで治せる方法

官僚たちの夏季、この夏の始まりに見るべき一本!熱い旦那が素晴らしい。

亭主にすすめられて、官僚たちの夏場というドラマを見ました。おもしろすぎて全10話、ウィークエンドの2日で一気に見てしまいました。 決戦は戦後の通産省、日本をかわいがりて日本の行く先を信じてやまない熱い男子を佐藤浩市が演じます。これがむっちゃ眩しい。佐藤浩市を中心に、様々な原則による日本という官僚たちそれぞれのドラマは涙無しには見れません。お隣を詰める堺雅人、高橋克実がまた最高にいい。 戦後の日本の奇跡的な復興の陰で日本のために健闘した官僚たちがこんなにこんなにわたしの胸を打つなんて。今まで官僚なんて縁遠すぎて、何をしてるかさえ考えたタイミングなかったけど、これを見て官僚素晴らしい!といった本気で思いました。必ず、日本のために汗水たらして温かく動く男子たちを、あたしはエアコンの効いた広場でコーヒー呑みながら愉しんでいました。ごめんなさいて感じのウィークエンドでした。 戦後の日本は繊維やクルマや鉱山などあらゆるものが劇的に変わりました。テレビジョン洗濯チャンス冷蔵庫の七つ道具のことや、五輪のことなど、往時教科で聞いた話が続々でてきて至極面白く懐かしく見れました。官僚の職務だけでなく日本の年数も勉強になる可愛いドラマでした。今夏オススメのドラマだ!以前の企画ですが。目の下の黒クマを消す方法

教習所通いをしていますが、久しぶりにスクールの心地を楽しんでいます

学生のうちに走行免許を取らなかったことを引き続き後悔していましたが、いよいよ成人で教習所に通ってみると、社会人になってから教習所に通うのもそこそこおもしろいかなと思ってきました。とても、教習所はモデルの学業というように、学業の雰囲気が味わえます。社会人になってからはどうにもあんな気合が懐かしくて、若返ったような気分になります。台らしき台とか、カレッジの講話室ものの椅子とか特別なと1ヒューマンでレクチャーの雰囲気に悦に入っています。社会人になってからだと教習所に通うのは大変かなと思っていましたが、以上というそうでもありませんでした。せめて週間に2日のおやすみのうち、何れかいければ割とサッと学科や実技も取って行くことができます。にぎわう時期もあるようですが、もとより取っていれば極めて変化も希望の場面に添えることができて助かっています。素早く免許を取ってしまいたいなとおもう反面、少し学業の雰囲気を味わいたいなという気合もしていて、幾らか迷うところだ。ゆくゆく期間という金銭的に空席があったら、カレッジの外講話も受けてみようかなと思いました。とはいえちょっと仮免チャレンジの結果保留なので、いち早くしばらく場面を終わらせておきたいと思います。葉酸を効率よく摂るならおススメです